2010年2月26日金曜日

食わず嫌い(ひこうき雲)


 ピーマン、セロリ、ねぎ、最近の子供たちが嫌いな食べ物は野菜が多く占めているようです。
 幼少より野菜が食べられないということはありませんでしたが、どちらかと言えば苦手な食べ物もあります。

白い坂道が空まで続いていた
ゆらゆらかげろうが あの子を包む
誰も気づかず ただひとり
あの子は昇っていく
何もおそれない、そして舞い上がる


 生物、特に魚介類は好きではありません。レバーも好きではありません。またニンニクを積極的に食べたいとは思いません。匂いが強いものが苦手なようです。ある統計によると40歳以上の約5割の人が嫌いな食べ物の苦手な理由に私と同じように「匂いや香り」を挙げています。

空に憧れて
空をかけてゆく
あの子の命はひこうき雲


 先日、NHK-BS2で放送された“MASTER TAPE~荒井由美「ひこうき雲」の秘密を探る~”という番組を再放送含め2回も見てしまいました。今までユーミン(松任谷由美)の音楽はどちらかと言えば苦手でした。あのノンヴィブラート唄法と言われる独特な唄い方、そしてマスコミも含めた彼女が演出する音楽の世界が好きになれませんでした。苦手な食べ物と同様、彼女の音楽に嫌な匂いを感じていました。しかし今回の番組を通じてユーミンの音楽に対する苦手意識が少し減ったように思います。付け加えると荒井由美「ひこうき雲」の音を支えたキャラメルママとレコーディングエンジニアたちの味付けが私の意識に大きな変化をもたらしたと言えます。

高いあの窓で あの子は死ぬ前も
空を見ていたの 今はわからない
ほかの人には わからない
あまりにも若すぎたと ただ思うだけ
けれど しあわせ


 人間の舌や口腔内には、味蕾(みらい)という味を感じる細胞が舌に1万個あると言われています。ここで味を感じ取って神経を通じて脳に伝達されて様々な味を認識しているようです。しかし味の感じ方は人によって異なります。これは味の許容範囲が人によって異なるからと言われています。味とは「客観的な味+個人によって異なる味の許容度」で成り立つようです。その他にも先に挙げた「匂い、香り」、「食感」、「食品の見た目」、「温度(口に入れた時の)」等も食の好き嫌いに影響を与える要素です。これらが相まって個人によって「おいしい」と感じる基準が分かれます。また、これまでの食の経験や食事環境等、文化的背景も大きく影響します。よく幼い頃に食べられなかったものが大人になって食べられるようになることがあります。これは大人になるにつれて様々なものを食べて食の経験値が増し、味の許容範囲が広がり過去に食べられなかった食品を受け入れられるようになったと言えます。

 家内は私が苦手なものを好んで食べます。よって我が家の食卓には度々魚介類が並び、ニンニクは毎晩料理の中に入ります。私がこれらの食材が苦手なことを家内は承知しているので、例えば魚等はなるべく匂いを抑えるように調理方法や料理に工夫をしてくれます。おかげで私の食の経験値は上がり以前に比べると苦手意識は減ったように思います。食べ物も音楽も食わず嫌いはいけません。

空に憧れて
空をかけてゆく
あの子の命はひこうき雲

空に憧れて
空をかけてゆく
あの子の命はひこうき雲
(作詞 : 荒井由実)

2010年2月21日日曜日

Broの肖像 ちょっくら(三鷹)


古い蔵があると聞いたのでちょっくらブロンプトンで出掛けてみました。
築80年、昭和初期に建てられた蔵を綺麗に改装されて今でも使い続けていらっしゃいます。

夜明け前、井の頭池の水鳥たちは起きている、僕はその横を息急き切って駆け抜ける。


その先にはもっと古い蔵があるよ、と教えて頂いたので更にちょっくら行ってみました。

朝6時半、薄暗く冷たい国道15号、僕は何時もつまらない顔してこの横断歩道を渡っている。


壁に掛かった木製の大きな車輪が歴史を感じさせます。何故だろう?アメリカの古いTVドラマ「じゃじゃ馬億万長者」を一瞬思い出しました。と言っても分かる人は殆どいないでしょう、私も殆ど覚えていませんもの(笑)

昼過ぎ、山手線で今日の星占いの順位が映し出されて、僕は最下位。


寒い日でした。早く家に帰ろうと走っていたら途中で芋虫みたいなビニールハウスを見ました。

夕方、渋谷の交差点で号外が配られて人が群がる、僕はペンタングルを探していた。


寒い、とても寒い日でしたがちょっくら蔵を見にブロンプトンで出掛けたのでした。

深夜、NHKでシリアスなドラマをやっている、僕はいつまでも眠れない。

2010年2月14日日曜日

ビチ テルミニさんのブロンプトンが盗難にあいました

お世話になっている大阪の自転車店、Bici Termini(ビチ テルミニ)さんのブロンプトン、赤/黒のM3L(2009年モデル)が盗難にあいました。

<特徴>
・2009年モデル・赤/黒
・内装5段:スターメーアーチャーSRF5(W)
・後輪リム SunRingle CR18(36H)
・グリーンラベルタイヤ

東京都内でも発見された方がいらっしゃいましたら以下までご連絡をお願いします。
連絡先:Bici Termini

ブロンプトンは最近特に人気があるようですがこういう話を聞くと残念でなりません。ビチ テルミニさんの元に早くブロンプトンが戻ってくることをお祈り致します。

2010年2月13日土曜日

Broの肖像 運ぶ自転車 2(買物 自転車にのって)


 買物に出掛けるときは自転車に大きな鞄_ツーリングパニアを取り付けます。腹巻きのように鞄の周りについた大きなメッシュのポケットはモノの出し入れが容易です。手袋やレインカバーそしてワイヤーロック、何でも放り込めるので使い易く重宝しています。

自転車にのって ベルをならし
あそこの原っぱまで
野球のつづきを
そして帰りにゃ 川で足を洗って
自転車にのって おうちへ帰る
自転車にのって 自転車にのって
ちょいとそこまで あるきたいから


 日曜日は自転車にのってスーパーへ出掛けます。重い荷物を難なく運ぶブロンプトンとツーリングパニアは最強の組み合わせで使う度に感謝感激しています。
 この鞄はフラップに特徴があり、開口部をくるくると巻き込みバックルで留めて封をします。鞄の後ろについた2つの大きなポケットも同じ留め方です。この方法は面倒にみえて実は収めるモノの大きさに合わせて鞄の容量を調整出来る優れた機能なのです。丈の長い葱や大根も折らずにそのまま持ち帰れます。


 この日はドリンク類を沢山買ったので重量はおよそ13Kgになりました。荷物が多いときは16、7Kgになることもありますがブロンプトンとツーリングパニアがあれば難なく運ぶことが出来ます。鞄の後ろに左右1つずつついたポケットには500mlのペットボトルが各2本入れられます。自転車にのって買物へ出掛けるときは沢山モノが入れられるツーリングパニアが欠かせません。

自転車にのって ベルをならし
となりの町まで いやなおつかいに
そして帰りにゃ 本屋で立ち読みを
日が暮れてから おうちに帰る
自転車にのって 自転車にのって
ちょいとそこまで あるきたいから


 小径車は普通の自転車に比べて重心が低いので重い荷物を載せても安定して走れます。ブロンプトンは鞄をハンドルではなく、フレームに取り付けるので前籠がハンドルについた軽快車のようにハンドルが重くなってふらつくことはありません。漕ぎ出しが軽いことも利点です。メインフレームの位置が低く無理なく乗降が出来るため荷物を載せても安全に走り出して停まることが出来ます。ブロンプトンは荷物を沢山積んで走ることに適した自転車なのです。

自転車にのって 自転車にのって
ちょいとそこまで あるきたいから
(作詞:高田渡)

2010年2月7日日曜日

Broの肖像 運ぶ自転車 1(荷台 はいからはくち)


 荷物を満載した自転車の姿は本当にイカしています。数ある自転車の中からブロンプトンを選んだ理由は泥除けとダイナモライト、そして荷物を載せることが出来る便利で丈夫な荷台が付いていたからです。

ぼくははいから血塗れの空を
玩ぶきみと こかこおらを飲んでいる
きみははいから裳裾をからげ
賑やかな都市を飾る 女郎花


 この日、生協でティッシュペーパーと5キロのお米を買ってブロンプトンの荷台に括り付けました。ご覧の通り荷台には便利で丈夫な荷止め用のラバーバンドが付いています。荷台に荷物を載せ、先端にフックが付いたラバーバンドを引っ張ってシートポストに近いキャスターの車軸に引っ掛けるだけで荷物はしっかり固定されます。何でもないことのようですが案外このような便利なラバーバンドが付いた荷台はありません。ブロンプトンの荷台は本当に良く考えられたモノなのです。

ぼくははいから血を吐きながら
きみののおにただ夕まぐれ
きみははいから唐紅の
蜜紺色したひっぴーみたい


 以前にもブログで少し触れたようにブロンプトンは停車時には荷台部分を畳んで車体を支えるプロップスタンドの役目をします。よって荷台を使う場合は他に支えがないと自転車は倒れてしまいます。これでは荷台を利用する際に不便なので、BD-1(台湾パシフィック自転車)用のキックスタンドを後ろに付けています。キックスタンドは素早く簡単に自転車を停車させることが出来るので日頃から大変便利に使っています。
 この日は前の鞄に13Kg、後ろの荷台にティッシュを含めて6Kgの荷物を載せましたが小さなキックスタンドでも倒れる事なく自転車を停車させることが出来ました。ブロンプトンの荷台を積極的に利用するためにこの小さなスタンドは欠かせません。

うーん、やっぱり荷物を沢山載せられるブロンプトンは本当にイカしています。

ぼくは ぼくははいからはくち
はいから はいから
はいから ら ら
(作詞:松本隆)

2010年2月6日土曜日

Broの肖像 史跡の駅 おたカフェ(国分寺)


 昨年末から参加をしている「水の学校」。その開催場所としても使われている国分寺の「おたカフェ」にブロンプトン2台で出掛けてみました。
 何時ものように野川沿いの道を走りましたが、冬の野川の水嵩は何時もより大分減っていました。


 「おたカフェ」の前には昔の庄屋の家跡があって「武蔵国分寺跡資料館」としてカフェと同時にオープンしました。ここでは奈良中期、聖武天皇が全国各地に建立させた仏教寺院の中でも最大級の規模だったと言われる武蔵国分寺を紹介しています。
 幕末に建てられた珍しい2階建ての長屋門が「武蔵国分寺跡資料館」の入口になっています。ここは医者をしていた次男が診療所兼住まいとして使われていたそうです。土壁と長屋門を支えている立派な梁が大変印象的でした。将来的にはこの内部にも人が入れるように修復をしてここで落語会などを開催したいと案内係の方が嬉しそうに話してくれました。趣のある古い長屋の2階で落語を聞いたらさぞ愉快なことだろうと私も思わず嬉しくなりました。
 資料館内には海事史、法制史学者として知られる故住田正一氏が集めた古瓦(こがわら)のコレクションが展示されていました。瓦に書かれた文字や文様を眺めながら古の芸術文化に思いを馳せました。


 「おたカフェ」は以前ブログで紹介をした国分寺崖線の「お鷹の道」沿いに昨年10月、史跡の駅として新しくできた休憩所兼案内所で軽食と珈琲も楽しめるカフェになっています。内部には国分寺に関する書籍250冊が揃えられたライブラリーが設けられており、国分寺の史跡、自然、水などを発信する情報基地でもあります。
 「おたカフェ」の内部は吹き抜けの構造になっています。私達は暖かく優しい冬の西日が心地よい2階の情報ライブラリーで休憩することにしました。階段沿いの白壁には全国の国分寺で使われている丸瓦のデザイン画が飾られています。


 1200年前の国分寺の風景をイメージして描かれたという油絵を眺めながら私は白玉ぜんざい、家内は農厚チーズケーキとフェアトレード珈琲をいただきました。
 今まで学校が開催される夜しか訪れたことがなかった「おたカフェ」ですが、明るい日中に改めて訪れてみると国分寺の古い歴史、文化に思いを馳せながら心地よい時間が流れる和みの空間であることを知りました。国分寺に訪れる楽しみがまた1つ増えたように思います。