2011年1月29日土曜日

Guvの肖像 上野仕様(Carradice Super C)


昨年イギリスに注文していたキャラダイスのサドルバッグが忘れた頃に届きました。
私たち夫婦が自転車に求めることは楽しく快適に走ることに加えて沢山の荷物が運べることです。それは1930年代のパスレーサー(トラックレース車両)を基に造られたガバナーでも例外ではありません。当初はリアキャリアにパニアバッグを装着することも考えましたが、なるべくガバナーの印象を損ねることなく荷物を運ぶことを考えた結果、サドルバッグという極めてオーソドックスな選択になりました。


今回選んだサドルバッグはキャラダイススーパーCというモデル。同社の製品では比較的新しいもののようです。従来の製品と同様に生地にはコットンダッグと呼ばれる丈夫で耐水性にも優れる素材が使われています。容量は23リットルで開口部にはナイロンの生地が縫い付けてあり、ドローコードを引いて荷物を包みこむように保持します。またフラップの天面にはD管が4つ付いてるので衣類等を括り付けることも可能です。
鞄の左右には大きなサイドポケットが1つずつあります。ポケットにはM.ズイコー デジタル17ミリレンズを装着したオリンパス・ペンが余裕で収まりました。


メインコンパートメントの内側には3つのポケットがついたオーガナイザーがあります。ジッパー付きの大きなポッケットは大学ノート(縦252×横179mm)が丁度収まるサイズで地図や書類等を入れるのに大変重宝しそうです。更に前面にはスナップの付いた小さなポケットが2つ並んでいます。
サドルバッグを取り付ける際のポイントはベルトの金具がバッグの内側にくること。ベルトは木製の丸棒に括りつけて固定します。材料と取り付けの方法は原始的ですが信頼性はあるようです。


キャラダイスのサドルバッグといえば丈夫なコットンダッグの生地に革ベルトが付いたクラシックなものがポピュラーです。しかし今回私はナイロンベルトに樹脂のバックルが付いた一見素っ気ないデザインのスーパーCを選びました。理由はベルトの着脱が容易で荷物の出し入れがし易いこと。またほぼ同じ容量のキャンパー・ロングフラップが920グラム、対するスーパーCは550グラムと軽量なことも選択理由に挙げられます。


サドルバッグと共に同社のサドルバッグサポーター、バッグマン サポートも一緒に取り寄せました。サドルバッグサポーターを使用することでバッグを水平に保ち、泥除けや車輪に接触する心配もありません。尚バッグマン サポートの最大積載量は10キロのまでとなっています。
サドルバッグの生地が痛まないようにスーパーCにはサポーターとの接触面に厚手の革が縫い付けられています。細かいことですがキャラダイスの真面目な製品作りへの姿勢と心遣いが感じられます。


フラップには後尾灯が取り付けられるようになっています。また両サイドのポケットには大きなリフレクターも付いています。夜間に黒い自転車に黒い大きなサドルバッグを取り付けて走っても周囲に注意を促すことができます。
元来キャラダイスのサドルバッグは手頃な価格とイギリスらしい質実剛健な作りに定評があります。そしてスーパーCは従来の製品より更に使い勝手が向上しているように思います。またイギリスから購入しても送料は無料で日本の販売価格の卸値のような値段で手に入ることも大きな魅力です。


ガバナーに大きなサドルバッグを付けたことである程度の買い物もできるようになりました。例えば白菜に大根そして2リットルのお茶を買ってもまだ余裕があります。

改めて大きなサドルバッグが付いたガバナーの姿を眺めると上野駅周辺で見掛ける実用車両のように見えます。そして築地で見かけたおじさんのように颯爽とカッコよく自転車に乗るためには多少の慣れも必要です。
Safe rides!

2011年1月16日日曜日

Guvの肖像 "Bottle-top" stays


パシュレイ・ガバナーのチェーンステイとシートステイは大変特徴的です。管材の断面形状はアルファベットの「D」の形をしており、スターメー・アーチャーの大きなリアハブを装着しているにもかかわらずステイの幅は抑えられて自転車を大変すっきり見せることに成功ています。


ステイの形は瓶の首(上部)に似ているため「ボトル-トップ・ステイ」と呼ばれています。洒落っけでクリスマスに空けたワインのコルクをシートステイの隙間に入れてみるとご覧のように丁度収まりました。ブレーキの付かない大変すっきりとしたシートステイが更に美しく見えるように思います。

2011年1月7日金曜日

Hackett Londonで・・・


丸の内に直営店があるイギリスのメンズブランド、ハケット ロンドンのサイトでガバナーを発見。お店のディスプレイに使われているかな?

2011年1月6日木曜日

Mick, I miss you!

レイン・トゥリー・クロウは大好きなアルバムでした。(アルバムジャケットの写真は藤原新也そしてデザインはラッセル・ミルズでした)もうあの個性的なベースラインを聞くことは出来ないと思うと残念でなりません。

2011年1月4日火曜日

Guvの肖像 Ready to go!


今日の東京は比較的暖かで殆ど風もなく絶好のサイクリング日和でした。
去年と同じように多摩湖まで自転車で出掛けてみました。


大変気持ち良い汗をかきました。さあ、明日からいよいよ仕事初めです!

2011年1月1日土曜日

2011年 初乗り Please do not park here!


新年あけましておめでとうございます。
皆様にとって良い年になりますようにお祈り申し上げます。
本年もよろしくお願い致します。